--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/05/17

サリー・ラン

パン教室で習って以来すっかり大好きなサリー・ラン。
卵、バターがとってもたっぷりでそのままたべてもとってもおいしいのです。
昨日、友達の家にいくにあたり、このパンをやいていきました。
CIMG2694.jpg


ところで私の実家のある福岡にサリーランという名前のパン屋さんがあるらしい。。
サリー・ランもうっているのだろうか??
実家から少し距離はありそうですが一度いってみたいお店です。

サリー・ラン(パン)について詳しくは追記を~
サリー・ラン、イギリスの温泉発祥の地、バースの名物パンです。
17世紀にバースでサリー・ランSally Lunnという製菓職人が風味豊かなやわらかいティーケーキを作って評判になり、この土地の名物になったそうです。
このバースの町はかつてローマ軍が温泉を掘って大浴場を建てたところで、18世紀には社交界の保養と交流の場所として華やかな時代を迎えます。
当時、朝食にサリーランを食べるのが流行し、考案者の名前、サリー・ランと呼ばれるようになったそうです。また、サリー・ランのやわらかさと風味の良さはちょうどブリオッシュのようで、一説にはフランスから伝わったのではないかとも言われています。フランス語の太陽と月を表すsoleile(ソレイユ)とlune(リュヌ)がサリー・ランの語源とも言われるゆえんだそうです。


スポンサーサイト

「サリー・ラン 」へのコメント

サリーのママより

ナニナニ、調べたの?さすがねぇ~♪
アタシも先週焼いたけど、同僚と一緒に会社で食べました。美味しいよねぇ、カンタンだし、ブリオッシュほど重さを感じないし!

じゅんさんへ

先週じゅんさんが焼いたサリーランはわたしもいただきましたよね!!一週間のたつのが早いこと!
本当にこのぱんおいしいですよね。
あんまりカロリーは考えないことにしていますが・・・ついついたべすぎてしまします。。

ご無沙汰です。バースに行きましたがサリー・ランのことは知りませんでした。のりさんのおかげで、知識が
また一つ増えました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

風車さんへ

またイギリスにこられることは無いのですか??
私もまだ実際のバースのサリーランを食べたこと無いのです。是非たべてみたいものですよね!

リンク掲載のお願い

突然失礼いたします。

私、EF Educationのウェブサイトのリンクを担当している後藤と申します。
この度は貴ブログを拝見させていただき、是非とも弊社のサイトをリンクしていただきたいと思い、コメントさせていただきました。
弊社は弊社EF Educationは1965年にスウェーデンで生まれた教育機関で、ロンドンを始めとする世界15ヶ国35都市で語学学校を運営しております。
貴ブログを訪れる海外生活や留学に興味のある方の参考になればと思っております。

もしご掲載可能なようでしたらご連絡いただけますでしょうか?ご検討宜しくお願いいたします。

後藤

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「サリー・ラン 」へのトラックバック

http://sakuralondon.blog84.fc2.com/tb.php/71-51e91796

プロフィール

のり

Author:のり
ロンドンにすんでいます。1児の母です。
育児をしながら(?)パンを焼いたりお菓子をつくったり。。

いくつになったの

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事+コメント

カウンター

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。